データ入力、事務、給与計算アウトソーシングのロジックスサービス

ロジックスサービス

お問い合わせ

ロジックスサービス

アウトソーシングお役立ち情報

給与計算

給与計算アウトソーシングとは?依頼できること

給与明細
給与計算アウトソーシングとは、会社・企業が自社の従業員の給与計算などを委託することいいます。

給与計算は、専門性が必要なのと、定型的で細かい作業が多いため、給与計算アウトソーシングを検討されている方は多いのではないでしょうか。

今回は給与計算アウトソーシングとは?を紹介いたします。

給与計算アウトソーシングとは

給与計算アウトソーシングとは、自社の従業員の給与計算を委託することです。「給与計算代行」ともいいます。

給与計算だけでなく年末調整なども依頼できます。

給与計算は企業の規模が大きくなればなるほど、給与計算も複雑になり、時間もかかってしまいます。また法令改正の際に行われる説明会にも従業員を参加させ、専門知識の維持も必要になります。

 

給与計算は、複雑で専門知識が必要になる業務なので、企業規模によっては給与計算アウトソーシングをした方がコスト削減になります。コスト削減だけでなく、人手不足や業務効率化を目的に導入される企業が増えています。

関連記事:給与計算アウトソーシングのメリットとは?

給与計算アウトソーシングの利用率

パソコンに向かう社員
世界の企業では給与計算アウトソーシング利用率は、アメリカで約70%、中南米で約60%のいわれています。日本での給与計算アウトソーシング利用約は20%以下になります。

近年では企業はコア業務に専念し、ノンコア業務は外部に委託するのが一般化してきました。給与計算アウトソーシングを企業が成長するための戦略と位置づける企業が増えています。

関連記事:「コア業務」・「ノンコア業務」って一体…?

給与計算アウトソーシングで依頼できること

給与計算は、一年を通していろいろな業務があります。給与計算アウトソーシングでどこまで依頼できるのでしょうか。

給与計算代行

毎月の給与計算に必要なタイムカードの集計から入退社、人事異動などの情報の変更など様々な業務を依頼できます。毎月金額が変動的となり、残業代や所得税、住民税の計算などが含まれます。

年末調整代行

給与計算の中でも年末調整は、面倒で混みいってしまいますよね。繁忙期が年末から年初に限られる年末調整を外部に委託することができるんです。通常は給与計算・賞与計算業務を委託していない場合でも、年末調整のみ期間限定で依頼するケースもあります。

住民税更新代行

住民税の更新は毎月5月から6月に発生します。年末調整と同じく繁忙期が限られます。さらに、地方税である住民税は市区町村とのやり取りの中で特別徴収額通知など、紙をたくさん扱う必要があります。インターネットの対応が遅れている市区町村も多いため、時間的なコストがかかってしまいます。

給与・賞与の計算は自社で行って、時期が限られた住民税更新だけアウトソーシングするという企業も多くあります。

振込・納税代行

給与計算の結果の給与振り込みデータの作成や振り込み、税金の納付を代行するパターンです。給与計算代行・賞与計算代行に追加するという形で依頼することが多いです。

まとめ

今回は給与計算アウトソーシングとは?をご紹介いたしました。

給与計算アウトソーシングで、どこまでを外部に委託するかは、企業の考え方やコストによっても様々です。場合によっては、給与計算だけではなく勤怠管理や社会保険・労働保険の加入・脱退の手続きまで行う場合もあります。

これからは日本も給与計算をアウトソーシングが増えていく傾向にあります。
給与計算アウトソーシングについて知ってアウトソーシング会社をしっかり選び、あなたにあった給与計算アウトソーシングの形を探してみましょう。

給与計算代行 詳しくはこちら