ロジックスサービス

お役立ちコラム

ホームページ運用

ホームページのコンバージョンとは?

ホームページ運用のコンバージョンとは
ホームページではコンバージョンがとても重要です。

ホームページ運用では、コンバージョン(商品購入やお問い合わせなど)を意識した作りが必要です。そして、売上向上にはコンバージョン率を知る必要があります。

今回は、ホームページのコンバージョンとは?についてご紹介します。

コンバージョンとは?

コンバージョンの意味は「変換」や「転換」です。マーケティングでは、ホームぺージの訪問者を成約に「変換」するという意味からコンバージョンと呼ばれます。分かりやすく言うとホームページ運用の成果です。

コンバージョン=成約と考えると分かりやすいです。

そして、ホームぺージ運用している方は、コンバージョン率を把握することが重要です。

コンバージョン率とは

コンバージョン率とは、ホームぺージを訪問した人が成約する確率です。

コンバージョン率の計算方法

コンバージョン率の計算方法は、ホームぺージまたは対象とするページの訪問数と成約件数から計算します。

 

コンバージョン率の計算式

訪問者数÷コンバージョン数(成約件数)

たとえばホームぺージに、

  • 100人がアクセス
  • 1人が成約

した場合は、コンバージョン率1%となります。

 

コンバージョンはホームページにより変わる

コンバージョンは会社や目的により変わります。

コンバージョンの例

  • お問い合わせ
  • 申し込み
  • ダウンロード
  • 売上
  • 契約完了

コンバージョンの種類とは?

コンバージョンとは奥が深い専門用語です。コンバージョンは様々な種類が分類されるのです。コンバージョンの種類についても詳しく把握しておきましょう。

コンバージョンの種類について紹介していきます。

直接コンバージョン

Google広告やYahoo!にリスティング広告などを出稿し、インターネット広告からユーザーを集客、離脱させずにコンバージョンさせることを「直接コンバージョン」といいます。

バナー広告からホームページに訪問し、お問い合わせや購入した場合、「直接コンバージョン」になります。ウェブマーケティング担当者が理想とするコンバージョンです。

間接コンバージョン

先ほど「直接コンバージョン」の説明をしましたが、直接コンバージョンばかりではありません。初回のホームページへの訪問ではコンバージョンにつながるアクションは無くても、後日に別の方法で再訪問し、購入の申し込みをしてくれることがあります。

1度は離脱したが、再訪問後にコンバージョンした場合を「間接コンバージョン」といいます。

ビュースルーコンバージョン

ブログなどに掲載されたインターネット広告を閲覧したが、クリックしなかったユーザーが別の手段でホームページへ訪問し、コンバージョンすることを「ビュースルーコンバージョン」といいます。

Google広告やYahoo!にリスティング広告が表示されたからといって必ずユーザーがクリックするとは限りません。少し興味はあるが、クリックはしないという経験が誰しもあるかと思います。しかし、毎日同じ広告を見ているうちに興味性が高まり、その結果、インターネット広告や自然検索などでホームページに訪問し、コンバージョンの発生につながります。

ビュースルーコンバージョンはインターネット広告のクリックがコンバージョンのきっかけにはなりませんが広告の表示回数が大きく関係しています。

まとめ

今回はホームページのコンバージョンとは?について紹介しました。

コンバージョンはランディングページと直接的な関わりがあります。そのため、ランディングページとは何かも知っておくと、よりWebマーケティングの勉強につながります。

アウトソーシング 詳しくはこちら
ABOUT ME
ロジックスサービス編集部
お役立ちコラムは、株式会社Logix-Service(ロジックスサービス)の社員が執筆、運営しています。アウトソーシングに役立つ情報を発信中です。

やるべき仕事に

集中できていますか?

「スピード」と「仕組み」でサポート!ロジックスサービスのアウトソーシングは、面倒な業務をすべて任せられる高品質なアウトソーシングサービスです。こんなお悩みを解決いたします。

・忙しく仕事が回らない!
・担当者が退職しまった!
・やるべき仕事に力を入れたい!

ロジックスサービスが選ばれている理由は、「柔軟な対応力」「対応が早い」「社員教育に力を入れている」からです。スタッフが貴社のビジネスをサポートいたします。