データ入力、事務、給与計算アウトソーシングのロジックスサービス

ロジックスサービス

お問い合わせ

ロジックスサービス

アウトソーシングお役立ち情報

SNSマーケティング

YouTube広告の出し方は?手順と設定を解説!

動画再生画面
YouTube広告の出し方を知りたい方へ
YouTube広告の手順と設定をまとめてみました。

YouTubeは世界で19億人が見ている、最大級の動画プラットフォームです。

そして、YouTube利用者に必ず見られる広告が「YouTube広告」その上ターゲティング機能で費用対効果が高いので、ぜひ活用したいですね。

 

今回は、YouTube広告の出し方は?手順と設定を解説!をご紹介します。

YouTube広告とは

YouTube広告とは、YouTubeに出せる動画の広告です。

YouTubeは、日本のネット利用者の7割以上に利用されています。その利用者が多いYouTubeに広告を出さない理由はありません。

YouTube広告は、Google広告から設定することで、出稿できるGoogle広告の一つです。

関連記事:YouTube広告とは?種類をわかりやすく解説!

Youtube広告を出す前に用意するもの


YouTube広告を出す前に、用意するものをご紹介します。

Google広告へ登録

Google広告の登録にあたり、「宣伝したいウェブサイト」と「広告費の支払い(クレジットカードなど)設定」が必要になります。

動画の制作

YouTube広告を出す前に、YouTubeへ動画アップロードが必要です。広告は動画だけでなく、「画像を並べたスライドショー形式」でもOKです。

YouTubeの動画は、開始5秒がとても重要で結果を出すには工夫が必要です。

広告の目的

YouTube広告を運用していく上で、目標を数字で決めることが大事です。

そして、目標の達成に向けて広告を調整します。

Google広告には「このキャンペーンで達成したい目標を選択」の設定があり、ここで正しく選ぶことで目的に合った広告を選べます。

Google広告のターゲット設定が細かく出来るので、自社のペルソナ(顧客像)をもとにターゲットを絞った方が目標を達成しやすくなるでしょう。

YouTube広告の出し方


YouTube広告、出し方をご紹介していきます。

新しいキャンペーンの作成

Google広告へログイン、左のサイドバーから「キャンペーン」を選び、青丸「+」マークを押して「新しいキャンペーンを作成」から広告を作成します。

1新しいキャンペーンの作成

 

このキャンペーンで達成したい目標を選択

今回はサブタイプで動画を選べる「ブランド認知度とリーチ」を目標に選びます。選んだ目標により、次項の「キャンペーンタイプ」で選べる広告タイプの内容が変わります。

2達成したい目標

 

キャンペーン タイプ

今回はYouTube広告を出すことが目的なので「キャンペーン タイプ」は、「動画」を選択します。ちなみに「ディスプレイ」はGoogleの検索結果に表示される広告です。

3キャンペーンタイプ

 

キャンペーンのサブタイプ

キャンペーンのサブタイプは、5つから選択することができます。

  • スキップ可能なインストリーム
  • バンパー
  • スキップ不可のインストリーム
  • アウトストリーム
  • 広告シーケンス

 

今回は、YouTube広告で一番効果的と言われている「スキップ可能なインストリーム」を選びます。

4サブタイプ

キャンペーン名

キャンペーン名は、広告の内容や期間など、わかりやすく表記するとよいでしょう。

5キャンペーン名

 

入札戦略

入札戦略は、「目標インプレッション単価」を選びます。

6入札戦略

 

予算と日程

ここで予算と日程の設定を行います。

 

予算タイプと金額

予算タイプは、「キャンペーンの合計」と「日別」から選択できます。
今回は、「キャンペーンの合計」を選択して金額を入力します。

7予算

予算は決まっていて「一定期間広告を出したい」ときは「日別」を選択します。

 

 

関連記事:YouTube広告の費用について解説します。

 

開始日と終了日

開始日と終了日を設定します。今回の日程は、1週間に設定してみます。日程を入力すると自動で1日あたりの広告費を計算してくれます。

8日程

YouTube広告を初めて出すときは、まず予算を決め、「キャンペーンの合計」で数日出し、結果を見てから調整していきます。

 

ネットワーク

ネットワークの設定は、このままでOKです。

9ネットワーク

YouTube検索結果
YouTubeの検索結果に広告を出すか選ぶ設定です。今回は「スキップ可能なインストリーム」動画内に広告を出す設定を選んでいるのでチェックできません。

YouTube動画
YouTubeに広告を出す設定なので、今回はOFFにできません。

ディスプレイネットワークの動画パートナー
YouTubeだけでなくウェブサイトやアプリに広告が出されるので、見られる回数が高まります。

 

言語

言語は問題ないかぎり、「すべての言語」のままでOKです。

10言語

地域

地域は、「すべての国と地域」「日本」「別の地域を入力する」の3つから選べます。

 

今回は「東京都」を選択してみます。

「別の地域を入力する」を選択して「東京」と入力すると候補を出してくれます。

11地域

地域の設定には「選択オプション」があり、「地域」でなく「範囲」を選択すれば、「指定した住所から半径〇km」と範囲指定もできます。最小で”市・都”まで指定ことができます。

 

下記の画像では「東京都から半径10km」に設定しています。

12地域範囲

地域の設定は、ターゲットの行動範囲が明確であれば、できるだけ狭くした方が費用対効果が高まります。

地域が狭すぎると広告が表示されない場合もありますので、広告を出した結果から、地域の範囲を調整しましょう。

 

コンテンツの除外

13コンテンツの除外

広告枠のタイプ

広告枠のタイプは、推奨のままでOKです。広告が表示されるコンテンツの質を選べますので、広告の内容がデリケートな場合は、制限付き広告枠を選ぶとよいでしょう。

除外済みのタイプとラベル

除外済みタイプとラベルは、広告が表示されたくないコンテンツがある場合に設定します。

 

広告グループ名

広告グループ名は、広告の目的ごとにグループをまとめるとよいです。

14広告グループ名

広告グループ名をバラバラにしてしまうと、データ蓄積と品質スコアに関わるので、広告の目的ごとにまとめます。

 

ユーザー

ユーザーは、広告を表示するターゲットを決める設定です。

今回は、「すべてを選択」で進めていきます。

 

ユーザー属性

ユーザー属性では、性別・年齢・子供の有無・世帯収入を選らべます。

15ユーザー属性

 

オーディエンス

オーディエンスでは、ユーザーの興味や関心、習慣などを設定します。ここで広告を出すターゲットを絞ることができます。

16ユーザーの興味や関心、週間

今回は、オーディエンスは設定なしで進めます。

 

コンテンツ

コンテンツでは、広告を表示する場所の詳細を設定できます。

今回は、コンテンツ設定は無しで進めていますが、ターゲットは絞った方がコンバージョン率が高まります。しかし広告表示の回数は減ると覚えておきましょう。

 

キーワード

キーワードを指定することで、ターゲットをさらに絞り込むことができます。

キーワードが分からないときは「キーワードの候補を取得」に、ウェブサイトのURLもしくは、商品・サービス名を入れるとGoogleが候補を教えてくれます。

トピック

トピックは、特定のテーマに関するコンテンツのみに広告の表示設定ができる項目です。

プレースメント

プレースメントでは、広告を表示する動画を選べます。たとえばYouTubeの特定チャンネルだけに広告を出すなどです。

 

入札単価

Google広告は、ターゲットに表示される前に、他の広告とオークションにより、どの広告が表示されるか決まります。

オークションは、入札単価・品質スコアによって点数が決まり、高ければ表示回数も増えます。入札単価は数円からでも表示できることもあるので、まず低い入札単価から様子を見るとよいです。

 

20入札単価

動画広告の制作

ここで広告に使う動画を決めます。

検索欄に「YouTube動画のURL」もしくは、「キーワードで検索して」を宣伝する動画を選びます。

広告を出すには、動画がYouTubeにアップロードされている必要があります。

21動画

 

動画URLの入力で、広告をプレビューしてくれます。

22動画

最終ページURL

ここで広告クリックで表示されるページの設定ができます。これがターゲットの誘導先になります。

表示URL

表示URLは、動画広告の下に表示される広告主のウェブページです。最終ページURLと同じドメインであることが必須です。

 

行動を促すフレーズ

行動を促すフレーズは、動画広告の下に表示されるリンクボタンになります。
文字数に制限があり、半角で10文字、全角で5文字までになります。

今回は「詳しく見る」と入力していますが、商品・サービスによっては見た人がクリックしたくなるフレーズにするとよいです。

 

コンパニオンバナー(パソコンのみ)

「チャンネルバナーを使用して自動生成する(推奨)」を選択でよいでしょう。もちろん画像を用意してアップロードもできます。

 

最後に「キャンペーンの作成」を押してYouTube広告の出し方が完了です。

審査まで数時間程度かかる場合もありますので、ステータスが「有効」になったのを確認しましょう。

まとめ

今回は、YouTube広告の出し方は?手順と設定を解説!をしました。

右肩あがりの動画市場でも利用者1位のYouTube。YouTubeで広告を出さない理由はありません。YouTube広告の強みであるターゲットを絞り、結果を分析して成果をだしていきましょう。

SNSマーケティング 詳しくはこちら