ロジックスサービス

お役立ちコラム

BPO

ライティング代行サービスのメリットとは?失敗しない選び方を解説!

ライティング代行サービスのメリットとは?近年はコンテンツマーケティングに注目が集まっており、コンテンツ作成を検討している方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、社内の限られた従業員だけでコンテンツを作成し、成果を出すことはとても難しいです。ライティング代行サービスを活用することで経営リソースの問題を解決することができます。ライティング代行サービスのメリットは、限られた経営リソースで効率的にコンテンツを作成できることです。ライティング代行サービスのメリットを最大限に活用することで、コンテンツマーケティングを効果的に行うことができます。

 

本記事は『ライティング代行サービスのメリットとは?依頼できること』を解説します。

 

ライティング代行サービスとは

ライティング代行サービスとは、記事作成を外注できるサービスのことです。

 

インターネット集客が当たり前となった今、コンテンツ作成に力を入れている企業が増えています。オウンドメディアなどの大型メディアサイトであれば、広告よりも低予算で効果的な集客ができます。

 

しかし、限られた社内リソースだけで品質の高いコンテンツを用意するのは難しいです。そこで外部リソースを活用し、効率よくコンテンツを用意する手段としてライティング代行サービスが選ぶことで、社内リソース以上のコンテンツが作成できるように!

 

ライティング代行サービスの種類とそれぞれのメリット・デメリット

ライティング代行サービスには2つの種類があります。また、それぞれメリット・デメリットも違います。種類とメリット・デメリットを知っておくと、選ぶ際の参考になるでしょう。

 

ライティング代行サービスの種類は、

 

  • (1) クラウドソーシング・サービス
  • (2) 専門業者

上記の2つがあります。

 

(1) クラウドソーシング・サービス

クラウドソーシング・サービスを利用して個人へ依頼する方法です。個人へ依頼するため、専門会社よりも安いことが多いです。しかし、依頼した方のスキルによって品質にバラツキが出てしまうことがあるため、コンテンツの方向性をしっかり管理する必要があります。クラウドソーシング・サービスの利用者の中には、独立している方や、フリーランスの方も多いので、信頼できる方と契約ができれば長期的に依頼することもできます。

 

メリット

  • コストが安い
    クラウドソーシング・サービスは専門業者より安くコンテンツ作成が依頼でき、必要に応じて特定スキルを持った人材の募集もできます。
  • 短期間でコンテンツを増やす
    クラウドソーシング・サービスを利用している方は100万人以上います。募集人数を増やすことで短期間で必要数のコンテンツを用意できます。
  • 信頼できる人材を見つけられる
    自社に合っている方を見つけられれば、長期的にライティングを依頼することや、雇用に繋げることも期待できます。

 

デメリット

  • 募集方法を決める必要がある
    クラウドソーシング・サービスは、初心者からベテランまで幅広いライターが利用しています。募集する際は予算と求めるスキルが合っているかなどの検討が必要です。
  • 品質にバラツキが出る
    コンテンツ作成を不特定多数に依頼する性質上、品質にバラツキが出てしまうことがあります。安定した品質にするため、ガイドラインを作成するなどの工夫が必要になります。
  • 発注者もスキルが必要
    発注者がコンテンツの品質や方向性を管理する必要があります。そのため、コンテンツの管理する担当者もライティングやSEOの基本的なスキルがあった方が良いでしょう。

 

(2) 専門業者

ライティング代行サービスを提供している専門業者に依頼する方法です。実績がある大手ほど費用は高くなりますが、そのぶん品質の高いコンテンツを期待できます。また、多くの業者ではディレクターがライターを管理をしており、組織としてライティングを行っているため、安定した品質のコンテンツを用意できます。さらに記事作成以外にも構築や調査、分析まで依頼できます。これからコンテンツマーケティングを始める場合は、専門企業に任せたほうが良いでしょう。

 

メリット

  • 安定した品質のコンテンツ
    ライティング代行を提供している業者には、プロのライターが多数在籍し、チームでコンテンツ作成を行っています。さらに納品前にはプロが校正しており、品質が高いコンテンツを安定して作成できます。
  • 集客の向上
    プロが作成したコンテンツは、読みやすい文章と競合に負けない品質になります。品質の高いコンテンツは検索結果で上位に表示されるだけでなく、ユーザーの満足度も高めてくれるでしょう。
  • やるべき仕事に集中できる
    ライティング代行サービスによっては記事の監修も行ってもらえます。構築から運用まですべて任せられるプランもあり、ライティングよりも重要になる分析や企画などの本来の業務に集中できます。

 

デメリット

  • コストが高い
    専門業者はクラウドソーシング・サービスに依頼するより費用が高くなります。専門業者によっては「1文字1円以下」など低コストのプランもありますが「校正なし」などのことが多いため、コンテンツの品質は低下するでしょう。
  • 業者選定に時間がかかる
    ライティング代行サービスの料金だけでも「1文字0.7円~1記事5万円以上」と幅広くあり、得意ジャンルにも違いがあります。自社コンテンツに合った業者を選ぶだけでも時間がかかってしまいます。
  • 成果が出ない
    納品されたコンテンツの品質が低かったり、思ったより成果がでなかったりすることが考えられます。成果報酬型や返金保証をしているプランもありますが、悪質業者の可能性も考えられますのでご注意ください。

 

ライティング代行サービスで依頼できる内容

ライティング代行サービスを提供している専門業者では、記事作成以外の業務も依頼できることが多いです。

 

ライティング代行サービス依頼できること一覧

  • SEO(検索エンジン最適化)
  • 記事のリライト
  • オウンドメディア構築と運用
  • 取材と撮影
  • SNS投稿
  • メルマガ配信
  • ホワイトペーパーの作成
  • ランディングページ(LP)の作成

SEO(検索エンジン最適化)

SEOとコンテンツマーケティングは相性がとても良いため、SEOに特化している業者も多いです。業者によってSEOの実績やノウハウに違いがあります。

記事のリライト(書き直し)

記事のリライトを依頼することができます。SEOに特化している専門業者であれば、プロによるリライトで上位表示を狙って集客を増やすことができます。

オウンドメディア構築と運用

ライティング代行ではなく、オウンドメディア代行という形で記事作成を依頼できます。また、オウンドメディアの立ち上げから運用まで代行することもできます。

取材と撮影

取材記事の作成やカメラマンの出張撮影などが依頼できます。多くの場合は別途で費用はかかりますが、取材記事や写真作成をプロに依頼することで、より高品質なコンテンツを作成できます。

SNS投稿

SNSへの投稿文の作成も依頼できます。投稿文の作成だけでなく投稿や運用代行もセットで提供されている業者が多いです。コンテンツマーケティングではウェブサイトだけでなく、情報拡散が強みのSNSを連携させることでより効果的な運用ができます。

メルマガ配信

メルマガの文章作成を依頼できます。コンテンツだけでなく、メルマガの読者を集めることで、成約につながりやすいユーザーを集客することができます。メルマガは開封率が重要になりますが、プロのライターに依頼することで開封率の向上が期待できます。

ホワイトペーパーの作成

ホワイトぺーパー(無料ダウンロード資料)は、無料でコンテンツを提供する代わりにダウンロード時に個人情報を入力してもらえます。その情報から顧客リストを作成してビジネスに活用することができます。ホワイトペーパーの作成は時間がかかりますが、委託することで時間と労力をかけず、品質の高いホワイトペーパーが用意できます。

ランディングページ(LP)の作成

ランディングページは見せ方がとても重要になります。プロのライターは読みやすく魅力的な文章を書くことができます。専門業者の中にはLP作成も得意としている業者もありますのでライティングだけでなく、LPも依頼してみても良いでしょう。

 

ライティング代行サービスの選び方

ライティング代行サービスには様々なプランや費用形態があるため、どれが良いのかお悩みの方も多いでしょう。

 

本項ではライティング代行サービスの選び方を解説します。

 

「クラウドソーシング」か「専門業者」のどちらか

コンテンツ作成の予算が許されるなら、実績がある専門業者に依頼することが良いでしょう。しかし実績がある業者は費用が高いため、予算が合わない場合は、安い業者に依頼するか、クラウドソーシングを選ぶことになります。どちらかは予算をもとに検討します。

 

スキルや実績を確認

自社コンテンツの目的と方向性に合わせた業者を選びます。Webマーケティングを行うなら、SEOに特化した業者を選ぶ必要がありますし、専門的なジャンルを扱うコンテンツの場合は、対応できるか確認することが必要になります。依頼先によってはSEOの実績や対応可能ジャンルを紹介していますが、書かれていない場合は依頼前にお問合せから確認をすると良いでしょう。

 

自社コンテンツとの適合性

ライティング代行サービスはライターにより得意分野が違いますので、自社コンテンツに合うか判断が必要になります。専門業者の場合は「実績紹介」、クラウドソーシング・サービスの場合は、個人プロフィールから特徴も確認できます。可能であればテスト・ライティングを依頼する方が確実です。

 

コストと成果のバランスを検討

コンテンツマーケティングで重要になるのが費用対効果です。そのため、コンテンツの品質や方向性をしっかりと管理する必要があります。社内に管理できるスキルの方がいる場合は、クラウドソーシング・サービスでも品質の高いコンテンツを用意できます。しかしコンテンツマーケティングの導入時やノウハウがない状況なら専門会社に任せた方が費用対効果は良いでしょう。

 

ライティング代行サービスの選び方まとめ

 

  • 「クラウドソーシング」か「専門業者」のどちらか
  • スキルや実績を確認
  • 自社コンテンツとの適正
  • コストと成果のバランスを検討

 

まとめ

いかがでしたか。

今回は『ライティング代行サービスのメリットとは?失敗しない選び方を解説!』をご紹介しました。

 

ライティング代行サービスを活用すれば、コンテンツマーケティングの効率は良くなるでしょう。ベストパートナーを探すまでに手間はかかりますが、メリットは大きいですので検討してみてはいかがでしょうか。

 

ABOUT ME
株式会社ロジックスサービス
お役立ちコラムは、株式会社Logix-Service(ロジックスサービス)の社員が執筆、運営しています。アウトソーシングに役立つ情報を発信中です。

やるべき仕事に

集中できていますか?

「スピード」と「仕組み」でサポート!ロジックスサービスのアウトソーシングは、面倒な業務をすべて任せられる高品質なサービスです。

 

こんなお悩みを解決いたします。

・忙しく仕事が回らない!
・担当者が退職しまった!
・やるべき仕事に力を入れたい!

 

業務改善にこだわった「スピード対応」と、社員教育に力を入れた「お客様サポート」で貴社のビジネスを全力でサポートいたします。