データ入力、事務、給与計算アウトソーシングのロジックスサービス

ロジックスサービス

お問い合わせ

ロジックスサービス

アウトソーシングお役立ち情報

SNSマーケティング

YouTube広告の費用について!費用の決め方も解説!

費用計算
YouTube広告の費用
について知っていますか?

YouTube広告の費用は数円から出すことができます。

YouTube広告は、テレビに匹敵するほどの影響力があると言われています。そんなYouTubeに広告を出さないのはもったいないですよね。

YouTube広告の費用が知りたい方に、今回は、YouTube広告の費用について!費用の決め方も解説!します。

YouTube広告とは

YouTube広告とは、YouTube内に出せる動画広告のことを言います。Google広告で出稿の設定ができます。

関連記事:YouTube広告とは?種類をわかりやすく解説!

YouTube広告の仕組み


YouTube広告は、一般的な広告と違いクリック回数ではなく、6秒視聴されたときに費用が発生します。広告をスキップまたは、クリックされなければ費用は発生しないのです。

YouTube広告は、下記の条件で費用が発生します。

  • 広告が30秒間視聴されたとき ※30秒未満の動画は最後まで
  • 広告がクリックされたとき

YouTube広告のターゲティング設定
YouTube広告は、ターゲットの「性別」「年齢」「子供の有無」「世帯収入」「地域」を選択することで、広告を表示するターゲットを明確に設定できます。

YouTube広告は狙ったターゲットに見られたときだけ費用が発生するので、費用対効果が非常に高いです。

YouTube広告の費用

YouTube広告の費用は、「1円」から設定ができます。

YouTube広告費の1視聴あたりの相場は、下記になります。

YouTube広告費: およそ数円~20円

広告の予算の設定は、下記の2つから選べます。

  • キャンペーンの合計:予算を使い切るまで
  • 日別:1日ごとに予算を決める

キャンペーンの合計
指定した期間で予算を使う設定です。予算と期間を入力すると、自動で「1日あたり予算額」を表示してくれます。

日別
1日に使う予算と期間を決める方法です。1日に必要になる広告費がわかっているときに使う設定になります。

YouTube広告の予算は、一日の平均予算を超えた広告費がかかった場合、平均予算の2倍以上は、超過クレジットとして返金されるようになっています。

上記の費用は、YouTube動画内に出せるインストリーム広告の費用です。広告の種類によっては、クリック単価(動画サムネイルがクリックされたとき)とインプレッション単価(動画が1000回表示されたとき)もあります。

YouTube広告の費用の決め方

YouTube広告の費用の決め方をご紹介します。

YouTube広告をはじめて出すときは、予算で「キャンペーンの合計」を選び、広告を数日出して結果を見てから調整するとよいです。

予算が決まっていて広告を一定期間内だけ出したいときは「日別」にするとよいでしょう。

YouTube広告は、広告を出す目的とターゲットを明確に絞ることができれば、費用を抑えて効果を出せるでしょう。

まとめ

今回は、YouTube広告の費用について解説しました。

YouTube広告は、一般の広告よりも費用を押さえつつ、効果的に運用することが強みです。YouTube広告を出すときは、設定を慎重に行い、結果を分析して調整をしていきましょう。

SNSマーケティング 詳しくはこちら