お役立ちコラム

給与計算

年末調整が間違っていた!訂正方法とは?

年末調整は、その会社によって給与支払い日、賞与支払い日が異なるため、期間も会社それぞれです。

この年末調整、対応した後にやり直しが必要となるケースがあります。

年末調整のやり直しに伴うトラブルを理解し、対処法を準備しておきましょう。

今回は、年末調整が間違っていた!訂正方法とは?をご紹介します。

 

年末調整のやり直しが必要な場合とは?

年末調整の申告内容は、翌年の1/1時点の内容となります。

しかし、年末調整が終わってから申告した内容と事実が異なっていたり、変更があったりした場合、年末調整のやり直しを行わなければなりません。

具体的な例としては、

「控除が適用される申告を忘れていました」

「子供の就職で、扶養親族の人数が間違っていて・・・」

「昨日生命保険の保険料を支払ってきたんですが、年末調整には間に合いますか?」

などなど…。

上記のような場合は、再調整が必要となります。

 

年末調整の訂正方法

・年末調整終了後、記載内容の間違いに気が付いた

・内容に不備があった

・実際の申告内容と異なっていた

上記の場合、年末調整の訂正・修正が必要ですが、行う時期によってこの対応は異なります。

 

翌年1月31日以前の場合

社内で年末調整のやり直しができるのは、市区町村に給与支払報告書を提出する前までです。

年末調整を行った後でも、提出前であれば社内でやり直しをおこなうことができます。

訂正方法

計算ミスの場合:

 申告書の該当箇所に二重線を引いておきます。

 二重線に重なるように訂正印を押し、再計算を行います。

扶養親族等の増減や保険料の申告漏れの場合:

 従業員に正しい内容を確認します。

 添付書類を確認してから修正を行います。

 

翌年2月1日以降の場合

・年末調整の訂正期限である翌年1月31日が過ぎている場合

・すでに従業員への源泉徴収票発行後である場合

上記の場合は社内でやり直しを行うことはできません。

 

その場合は、やり直しが必要な従業員がみずから確定申告をおこなうことで、再調整をすることができます。

 

年末調整の訂正で予想されるトラブル

年末調整の訂正では、以下のようなトラブルが起こることが多いです。

・年末調整のやり直しをせず、延滞税や加算税が課される

・申告漏れや計算ミスによる、年末調整のやり直しが必要となる

・従業員ごとの内容確認が負担となり、経理担当者の作業量が増加する

 

まとめ

今回は、年末調整が間違っていた!訂正方法とは?をご紹介しました。

 

年末調整後に間違いや変更があった場合は、一度計算した内容を再度やり直す必要があります。

その結果、年末調整を行う担当者に大きな負担がかかってしまい、退職に繋がってしまった例も。

 

年末調整によるトラブルが起こってしまう前に、以下の対処法を試してみてください。

・従業員による申告漏れがないように、何度も注意喚起をおこなう

・年末調整の計算ミスなどがないように、ダブルチェック・トリプルチェックをする

・効率化・担当者の負担軽減のため、アウトソーシングを導入する

担当者の作業量が多く、負担になってしまっている場合は、アウトソーシングも選択肢の1つです。

 

年末調整が負担となってしまっている担当者様へ

 

「通常業務が重なっていて、年末調整を処理する余裕がない・・・」
「急に経理担当が退職してしまって、人が足りない・・・」

こんなお悩みを持たれている担当者の方も多いと思います。

 

年末調整は毎年行わなければならない業務の一つです。
年に一度の業務であるため、回数こそは少ないのですが、

  • 従業員の回答ミス・修正作業
  • 問い合わせの対応

など、担当者の負担はとても大きい業務です。

「誰かに丸投げできれば・・・」と考えたことはありませんか?

 

ロジックスサービスでは、

基本料金 :100,000円(税込)
一人当たり:1,500円(税込)
オプション:要お見積り

上記の料金で年末調整アウトソーシングを対応しております。

 

細かい処理が必要な年末調整業務。
アウトソーシングすることで、繁忙期の経理担当者の負担を解消しませんか?

給与計算代行 詳しくはこちら
ABOUT ME
株式会社ロジックスサービス
お役立ちコラムは、株式会社Logix-Service(ロジックスサービス)の社員が執筆、運営しています。アウトソーシングに役立つ情報を発信中です。

やるべき仕事に

集中できていますか?

「スピード」と「仕組み」でサポート!ロジックスサービスのアウトソーシングは、面倒な業務をすべて任せられる高品質なサービスです。

 

こんなお悩みを解決いたします。

・忙しく仕事が回らない!
・担当者が退職しまった!
・やるべき仕事に力を入れたい!

 

業務改善にこだわった「スピード対応」と、社員教育に力を入れた「お客様サポート」で貴社のビジネスを全力でサポートいたします。