アウトソーシングのロジックスサービス

ロジックスサービス

お問い合わせ

ロジックスサービス

お役立ちコラム

BPO

アウトソーシングとは?わかりやすく解説!

コア業務に力を入れる
アウトソーシングとは、簡単に言うと
業務を外部へ委託することです。

本来、アウトソーシングとはビジネス用語でしたが、
オンライン技術の進化や情勢により需要が高まり、
企業だけでなく一般へも広まってきています。

今回は、アウトソーシングとは?わかりやすく解説!をいたします。

アウトソーシングとは


アウトソーシングとは、業務を外部へ委託することです。

 

英語表記:outsourcing

意味:外部から調達する

アウトソーシングは外部からリソース(業務工程・技術・設備)を調達すること。
つまり、業務を外部へ委託するということになります。

 

たとえば、データ入力をアウトソーシングした場合は、
人材やパソコン設備を調達するのではなく、
「データ入力」という業務自体の調達になります

 

外部から調達する点は「派遣」に似ていますが、
アウトソーシングは調達するものが違います。

関連記事:「アウトソーシング」と「派遣」の違いとは

 

 

アウトソーシングのメリット


アウトソーシングのメリット・デメリットをご紹介いたします。

 

メリットは、

  • コア業務に注力
  • リソース確保
  • コスト削減

    など

 

デメリットは、

  • 自社のノウハウが減少
  • セキュリティー問題
  • コスト増加

    など

 

近年のアウトソーシングがされる目的は、
リソースの確保だけではありません。

副業務を減らし、主業務に注力をし、
より利益向上に繋げていくことです。

 

関連記事:アウトソーシングのメリットとは?詳しく解説!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、アウトソーシングとは?わかりやすく解説!いたしました。

アウトソーシングという言葉は一般化してきました。社会人の基礎知識として関連用語を学ぶことをオススメします。

アウトソーシング 詳しくはこちら
ABOUT ME
ロジックスサービス編集部
お役立ちコラムは、株式会社Logix-Service(ロジックスサービス)の社員が執筆、運営しています。アウトソーシングに役立つ情報を発信中です。