ロジックスサービス

お役立ちコラム

ホームページ

ホームページとウェブサイトの違いとは?意味や使い方を解説!

ホームページとウェブサイトの違いを知っていますか?

 

一般的にはホームページとウェブサイトはほぼ同じといっても間違いではありません。なぜなら日常会話で使われるときのほとんどが正しい意味で使われていないからです。さらに本当の意味を聞かれても答えれる方は少ないでしょう。

 

正しくはそれぞれ意味や使い方に違いがあります。

 

そこで今回は、ホームページとウェブサイトの違いとは?意味や使い方を解説します。

 

Webサイトとは

Webサイトはウェブページの集まり

ウェブサイトとは、ウェブページの集まりのことをいいます。

 

ウェブはワールド・ワイド・ウェブ(World Wid Web)の略です。ウェブ(Web)には「蜘蛛の巣」という意味があり、情報と情報がつながって世界に広がっているイメージから名づけられました。そして、サイト(site)は「敷地」という意味があります。特定の情報があつまった敷地というイメージです。

 

たとえば、企業名をインターネットで検索すれば、その企業のウェブサイトが見れると思います。そこでトップページや会社概要、商品サービスなどを見ることができるでしょう。

 

よく見かける企業ページなどがウェブサイトです。

 

ウェブページとは「1ページのこと」

ウェブサイトの中の1ページをウェブページといいます。今あなたが見ているこのページもウェブページです。「Webページ」や「ページ」ともいわれます。

 

ホームページとは

ホームページは拠点になるトップページなどのこと

ホームページのホーム(home)には「拠点」という意味があります。意味の通りホームページは拠点になるページのことをいいます。「ウェブサイトの表紙のページ」や「ブラウザで最初に表示されるページ」のことです。

 

しかし現在では、ウェブサイトもウェブページもまとめてホームページということが定着しているため、ホームページは3つの意味で使われます。

 

ホームページの3つの意味

  • (1) ウェブサイトのトップページ
  • (2) ブラウザの最初に表示されるページ
  • (3) ウェブサイト全体

(1) ウェブサイトのトップページ

ウェブサイトの「拠点となるページ」をトップページといいます。他にもフロントページやメインページといわれることもあり、本来はトップページのことをホームページといいます。

 

トップページは和製英語

ウェブサイトの拠点となるページを日本ではトップページということが多いですが、英語圏ではホームページというので、トップページでは通じません。

 

(2) ブラウザの最初に表示されるページ

ブラウザ(ウェブページを見るためのソフト)を開いたときに最初に表示されるページもホームページといいます。表示されるページは変えることができるので人や端末によって違います。

 

(3) ウェブサイト全体

ウェブサイトやウェブページをまとめてホームページといいます。一般的にはこの認識が多いですが、正しくは間違いになります。しかし、日常会話ではウェブサイトをホームページといって問題ないでしょう。

 

ホームページとWebサイトの違いについて

それぞれの違いを結論からいいますと…

 

ホームページとウェブサイトはほぼ同じ!

ホームページとウェブサイトがほぼ同じといえる理由は、ホームページが「複数の意味を持つ言葉」として定着しているためです。実際に日常会話で、ホームページとウェブサイトを使い分けている方は少ないでしょう。

 

本当の違いは「1ページ」か「集まり」

日常会話でホームページとウェブサイトは、どちらもほぼ同じ意味で使われていまが、本当は明確な違いがあります。

 

ホームページというときは「特定の1ページ」のこと。ウェブページというときは「集まり」のことをいい、それぞれが指し示す範囲が違います。

 

  • ホームページ: 特定の1ページ
  • ウェブサイト: ウェブサイト全体

 

ホームページとWebサイトの意味や使い方

日常会話でウェブサイトというときは正しい意味で使われることが多いですが、ホームページというときは、ウェブサイトとウェブページのどちらにも使われることが多いです。そのため、ウェブサイトやウェブページをホームページといっても伝わります。

 

一般的な日常会話では、ホームページの意味は状況で使い分けるのがよいでしょう。

 

  • ウェブサイトのトップページ
  • ブラウザを開いて最初に表示されるページ
  • ウェブサイトかウェブページのこと

 

しかし、あなたがウェブの専門家の場合は、ホームページとウェブページの使い分けは気を付けましょう。

 

ホームページは「拠点となるページ」のことで、正しくはウェブサイトとウェブページをホームページとはいいません

 

Webサイトの種類

いつもあなたが見ているウェブサイトにはたくさんの種類があり、大きく8つに分けることができます。

 

ウェブサイトの8つの種類

  • コーポレートサイト
  • サービスサイト(ブラインドサイト)
  • ランディングページ(LP)
  • ECサイト(オンラインショップ)
  • オウンドメディア
  • リクルート(採用)サイト
  • 店舗サイト
  • ポートフォリオサイト

コーポレートサイト

コーポレートサイトとは、よく公式ホームページ・公式サイトといわれるウェブサイトです。トップページ・商品サービスページ・会社概要・採用情報・お問合せなどで作られており、幅広いユーザーに情報を伝える役割を持っています。

 

サービスサイト(ブラインドサイト)

特定の商品サービスを紹介するためのウェブサイトです。1つの情報に特化しているため、コーポレートサイトよりも、特定の情報を知りたいユーザーに利用しやすくなります。

 

ランディングページ(LP)

ランティングページとは、広告などのリンク先に使われている縦長の商品サービスを紹介ページのことです。商品を売ることやお問合せを増やすために特化したページです。また、ユーザーが最初に訪問したページもランディングページといいます。

 

関連記事:ホームページとランディングページの違いとは?

 

ECサイト(オンラインショップ)

EC(エレクトロニック・コマース)とは、「電子商取引」という意味です。つまり、商品を販売するために決済機能を持っているウェブサイトのことです。よくオンラインショップといわれているウェブサイトです。

 

オウンドメディア

オウンドメディアとは、企業が集客のために運営しているウェブサイトのことです。オウンドメディアの特徴はたくさんのページがあり、自社の商品サービスを認知してもらい、売上につなげることを目的としています。

 

リクルート(採用)サイト

リクルートサイトとは、求人を目的にしたウェブサイトのことです。コーポレートサイトは採用を目的に作られていないため、求職者が求めている情報を記載するには制限があります。リクルートサイトを用意することで求職者へ多くの情報を伝えることができます。

 

店舗サイト

店舗サイトとは各店舗ごとの情報をまとめたウェブサイトのことをいいます。店舗ごとに営業時間や商品サービス、お問い合わせなどの異なる情報をお客様へ伝える役割をもっています。

ポートフォリオサイト

自身のスキルや実績を紹介するためのウェブサイトです。主にWebデザイナーなどが顧客へのアピールや就職活動で活用しています。

 

 

Webサイトは目的によって呼び名が違う

 

まとめ

いかがでしたか。
今回は、ホームページとウェブサイトの違いとは?意味や使い方を解説!をご紹介しました。

 

日常会話ではホームページとウェブサイトは同じ意味でつかわれることが多いです。しかし、正しい意味は違いますので、ホームページという場合は、相手や状況によって使い分けるのがよいでしょう。

 

アウトソーシング 詳しくはこちら
ABOUT ME
ロジックスサービス編集部
お役立ちコラムは、株式会社Logix-Service(ロジックスサービス)の社員が執筆、運営しています。アウトソーシングに役立つ情報を発信中です。

やるべき仕事に

集中できていますか?

「スピード」と「仕組み」でサポート!ロジックスサービスのアウトソーシングは、面倒な業務をすべて任せられる高品質なサービスです。

 

こんなお悩みを解決いたします。

・忙しく仕事が回らない!
・担当者が退職しまった!
・やるべき仕事に力を入れたい!

 

業務改善にこだわった「スピード対応」と、社員教育に力を入れた「お客様サポート」で貴社のビジネスを全力でサポートいたします。