データ入力、事務、給与計算アウトソーシングのロジックスサービス

ロジックスサービス

お問い合わせ

ロジックスサービス

アウトソーシングお役立ち情報

ホームページ運用

ホームページとランディングページの違いとは?

ホームページの画像
ホームページとランディングページの違いとは、簡単にいうと「目的」です。

ホームページ:知ってもらうためのページ

ランディングページ:行動してもらうためのページ

どちらも同じウェブページですが、目的にあわせるためデザインにも違いがあります。

それぞれには、どんな特徴、どんな役割の違いがあるのでしょうか。

今回は、『ホームページとランディングページの違いとは?』をご紹介します。

ホームページとランディングページの特徴

特徴を説明する女性
ホームページとランディングページの特徴を見ていきましょう。

ホームページの特徴

ホームページとは、会社や商品・サービスの情報が集められたページになります。

ホームページの本来の意味は、ブラウザを起動した時に最初に開かれるページの事を言いますが、現在ではウェブサイトのトップページをホームページと呼ぶ事が多いです。

ホームページの大半はトップページ、商品・サービス、会社概要、問い合わせなど、複数のページで構成されており、ホームページはユーザーが情報を探しやすいようにメニューなどのナビゲーションに工夫をしているページが多いです。

 

ホームページの特長

  • ページが複数ある
  • 情報・リンクが多い
  • デザイン・メニューが統一されている

 

ランディングページの特徴

ランディングページを直訳すると「着地したページ」です。
そしてランディングページには、広義と狭義の2つの意味があります。

広義のランディングページ
広義のランディングページは、検索エンジンからウェブサイトの開いて、最初にユーザーが見たページを言います。URLを直接入力して開いた場合もランディングページになります。

 

狭義のランディングページ
狭義のランディングページは、アクセスしたユーザーを行動に誘導する事に特化したページを言います。日本でランディングページという場合は、狭義のランディングページになります。

ランディングページの特徴

※本記事では、狭義のランディングページについてをご説明していきます。

ランディングページの特長は、他のページへのリンクは基本的になし。大きな文字や画像で視覚的に印象をあたえれるようにデザインされています。

そして、アクセスしたユーザーを行動に誘導する目的のため、たくさんの情報を表示することが多いので縦に長くなります。

ランディングページの例としては、広告をクリックした時に表示される一つの商品を紹介し、購入ボタンがあるページがランディングページです。イメージとしては、セールスマンのトークを1つのウェブページにまとめたようなページです。

ランディングページの特徴

  • 情報~問い合わせまで、1ページで完結
  • 他ページ、リンクが基本的にない
  • 印象的に作られている

 

ホームページとランディングページの役割

役割
ホームページとランディングページの役割を見ていきましょう。

ホームページの役割

ホームページの役割は「認知と集客」です。

ホームページは、会社や商品・サービスを訪問者により知ってもらうためにターゲットは既存客、顧客、採用と幅広く設定されます。

そして、各情報ごとに専用ページを用意し、訪問者が知りたい情報を見つけやすいように、ホームページでは統一したデザインとナビゲーションで構成され、ユーザーが迷う事なく情報が見れるようにします。

また、ホームページはコンテンツを見せるためだけでなく、ホームページ全体のデザインでも会社を知ってもらう要素として一役買っています。各企業のホームページを見ると個性的なデザインが数多くあります。

ホームページは、その会社が何をしているか説明してくれる会社の顔のような存在です。

ホームページは:会社の案内係

 

ランディングページの役割

ランディングページの役割は、見込み客の獲得です。

ランディングページは、特定の商品・サービスを探しているユーザーに手間をかけず、商品・サービスを見せて、行動へ誘導するのが一番の役割です。1ページ全てを1つの商品・サービスの説明特化させるので、ユーザーが他のページに離脱する事なく、集中して見せる事で成約率を高めます。

ランディングページは、お店の前で見かける呼び込み係のような存在です。

ランディングページ:会社のセールスマン

 

 

ランディングページと広告

ランディングページは単体で集客をする事がほぼ出来ません。なので、ランディングページは広告やホームページからリンクを張る必要があります。

ランディングページは検索結果からの集客は得意でない分、広告もしくは、ホームページから興味を持ったユーザーだけを集客するので、ホームページで1つの商品・サービスを販売するよりも成約率を期待できるでしょう。

そして、ランディングページは1つの商品・サービスに対して1ページを用意するのでコンバージョン率を正確に把握しながら運用できます。

ランディングページは、単体で集客ができない

※コンバージョン率とは、成果を示す用語です。たとえば、商品のランディングページを1000人が見て1個売れた場合のコンバージョン率は1%となります。

関連記事:ホームページ運用の「コンバージョン」って何!?

ホームページのメリット・デメリット

メリットとデメリットを比較
ホームページとのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ホームページはページ数(コンテンツ)が多いので、SEO対策がしやすく、検索エンジンから集客する事ができます。しかし、ランディングページと違ってユーザーを行動に誘導する力は弱いです。そして、ホームページで集客を得るためにはコンテンツを用意する必要があるので集客までに時間がかかります。

関連記事:ホームページのSEO対策のメリットとは

ホームページのメリット

  • 多くの情報を見せる事ができる
  • SEO対策で集客がしやすい
  • コンテンツがSNSで拡散される可能性がある

 

 

ホームページのデメリット

  • デザイン・メニューを統一する必要がある
  • コンテンツが必要
  • 集客まで時間がかかる

 

ランディングページのメリット・デメリット

使い分け
ホームページとのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ランディングページは、1ページ作成して広告さえ出せば、すぐに集客を始める事ができます。また、コンバージョン率の把握ができるので改善がしやすいです。その分、ランディングページは単体で集客ができないので広告をきちんと設定する必要があります。

ランディングページのメリット

  • 情報を伝えたい順序で伝えれる
  • 短期間で集客できる
  • コンバージョン率を分析しやすい

 

 

ランディングページのデメリット

  • 単体で集客できない
  • 直帰率が高い
  • 1つの商品・サービスしか紹介できない

 

ホームページとランディングページの使い分け

まとめを説明する女性
ホームページがあればランディングページは必要ないのでは?と思われる方もいるのではないでしょうか。

ランディングページは必要?

ランディングページは商品・サービスごとにターゲットをしぼった売り込みができます。

また、アクセス結果を分析からLPOをしてコンバージョン率を高める運用ができるのが強みです。ホームページだけで売り上げ向上を狙うのは難しいので、ランディングページが必要になります。

※LPOとは(Landing page optimizationの略)ランディングページを最適化するという意味です。この場合も狭義のランディングページを指します。LPOとは、ランディングページの効果を高めるためにアクセス結果を分析し、ページのデザイン・レイアウト・テキストを調整する事を言います。

 

ホームページとランディングページの使い分け

ホームページで商品・サービスを知ってもらい、興味を持ったユーザーをランディングページに誘導する使い分けが良いです。

ホームページで集めた見込み客と、広告を使って集めた見込み客のそれぞれをランディングページへ誘導し、売上に変えると良いでしょう。

また、力を入れたい商品・サービス、期間限定キャンペーンのランディングページを用意し、一定期間だけ広告を出して運用してみるのも効果的です。

ホームページをコンテンツに特化する事で長期的に顧客を集められる土壌にするの方法があります。集客に特化したコンテンツ型のホームページを「オウンドメディア」と言います。

まとめ

いかがでしたか。
今回は、『ホームページとランディングページの違いとは』を紹介しました。

ホームページとランディングページの目的はどちらも集客ですが、役割は大きく違います。

ホームページとランディングページそれぞれのメリットを生かし、使い分けて商品・サービス全体の売り上げを上げていきましょう。

アウトソーシング 詳しくはこちら