データ入力、事務、給与計算アウトソーシングのロジックスサービス

ロジックスサービス

お問い合わせ

ロジックスサービス

アウトソーシングお役立ち情報

BPO

BPOとは?わかりやすく解説!

BPOとは
BPOとは、会社の業務を外部へ委託することです。

BPOと聞くとテレビの「放送倫理機構」を連想される方も多いのではないでしょうか?

BPOとは、ビジネス・アウトソーシング・プロセスの略、ビジネス用語です。

BPOを詳しく知らない方は、この機会に基礎知識として学びましょう。
既にBPOを知っている方は、再確認に本記事をご活用ください。

今回は、BPOとは?わかりやすく解説!をご紹介します。

BPOとは?


BPOとは、ビジネス・プロセス・アウトソーシング
の略です。読み方は、「ビー・ピー・オー」になります。

BPOの直訳は、「業務工程外部委託」です。

直訳の通り、

BPOとは、会社の業務を外部委託する

ことを言います。

BPOでは、データ入力や給与計算、総務、人事などノンコア業務を中心に行われます。企業の人手不足や業務効率化、コスト削減などを目的に導入されます。

 

なぜBPO?

なぜBPOをするのか、「スマホの購入」に例えるとわかりやすいです。

あなたはお店でスマホを購入しました。

次に必要になるのは、電話・ネット回線の契約になります。

それなのにお店の人から「自分でやってください」と言われてしまいました。

契約をするには書類を用意し、回線登録の設定する必要があるので困りました…。

できませんよね…。面倒だし、分からないのでお金を払うからやって欲しいと思います。


BPOの導入で、面倒な業務やノウハウを持っていない業務、業務の効率化を期待できます。
BPOは経営資源を有効活用し、業務効率化をすることができる経営戦略の一つです。

 

現代のビジネスは変化が激しく、変化に対応するために従業員をコア業務に集中させる必要があります。BPOを利用し、ノンコア業務を減らす戦略が選ばれています。

関連記事:「コア業務」・「ノンコア業務」って一体…?

 

BPOとアウトソーシングの違い

BPOとアウトソーシングは似ていますが、詳しくは意味に違いがあります。

BPOとアウトソーシングの違いは、外部委託するときの業務の範囲に違いがあるのです。

アウトソーシングとは、業務を従業員より、専門家に任せた方が効率が良いし、コストを抑えたい場合に使用されています。アウトソーシングが業務の一部を外部に委託するのに対し、BPOは委託する業務の範囲が大きくなります。

BPO:業務一式を外部委託する

アウトソーシング:業務の一部を外部委託する

 

アウトソーシングはお手伝いBPOは完全に任せる違いです。使い分けることはあまりないとは思いませんが基礎知識として覚えておきましょう。

関連記事:「アウトソーシング」と「派遣」の違いとは

 

BPOのメリット

BPOのメリットについて4つご紹介します。

人手確保

誰でもできる簡単な業務に人手をとられ、本来やらなければならない業務に人手を回すことが出来ないことがあります。BPOにより業務を減らし、人手を本来の業務に集中させることが期待できます。

業務効率化

委託により、自社の業務を客観的に見ることで業務の棚卸しができるでしょう。また業務を専門企業に委託することで業務効率化になります。

ミス削減

専門企業に委託することで、自社にはない知識やノウハウを活用できます。業務を最適なプロセスで対応してもらうことでミス削減になるでしょう。

コスト削減

業務を外部に委託した方がコスト削減できるときがあります。費用だけでなく、人材確保、効率化、ミス削減から得られる効果は大きいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、BPOとは?わかりやすく解説!をご紹介しました。

外部委託することで人手不足や業務改善、ミス削減といったメリットが期待できます。人手が足りなくて困っている、残業が多くて困っている、古い情報が蓄積されず困っている…など困りごとがある方は、ぜひBPOの利用を検討してはいかがでしょうか。

本記事がBPOの導入をご検討なさる際の判断材料にお役立ちできれば幸いです。

アウトソーシング 詳しくはこちら