給与計算

給与計算アウトソーシングの3つのメリット・デメリット

給料計算アウトソーシングの説明
「給料計算アウトソーシングについて知りたい」

「給料計算アウトソーシングの導入を検討している」

日本は少子高齢化の進展、人口減少により企業の人材不足の深刻化が進んでいます。
人材不足を補うには、従業員一人あたりの業務と労働時間を増加せざるを得ません。

従業員の負担が増えると質が低下や、負担による離職率の増加、人材確保の課題があります。

そのため近年は、給料計算アウトソーシングを導入する企業が増えています。

今回は、給料計算アウトソーシングの3つのメリット・デメリットについてご紹介いたします。

アウトソーシングとは


給与計算アウトソーシングとは給与計算を外部へ委託できるサービスです。
主に「給与」「賞与」「年末調整」「住民税」を委託することができます。

給料計算の業務は専門知識が必要になり、人材確保と教育にかなりの時間が必要になります。
さらに、計算ミスや法令改正へ対応も必要になるので担当者にはかなり負担の多い業務になります。

給与計算アウトソーシングのメリット・デメリット

給与計算アウトソーシングの3つのメリット・メリットをご紹介いたします。

給料計算アウトソーシングのメリット

①コスト削減

給料計算の業務に関わる人材確保や教育の時間が必要ないので、トータルコストを削減することができます。

②ミス削減

給与計算の専門スタッフが対応してくれるで正確な計算をしてもらうことができます。

③法令改正への対応

今まで参加していた法令改正の際に行われる説明会に参加する必要がなくなります。

 

給料計算アウトソーシングのデメリット

①コスト増加

メリットでもあるコストですが、会社の規模やプランによってはコストが増加する可能性があります。

②ノウハウの蓄積が出来ない

実務でのノウハウが失われてしまい、社内で対応ができなくなる可能性があります。

③データ漏洩

機密情報を社外へ渡すため、情報管理の状況によっては情報漏洩の危険性が否めません。

給料計算アウトソーシングの選び方


給料計算アウトソーシングの企業選びの際には確認すべきポイントがありますのでご紹介いたします。

導入の際に確認すべき3つのポイント

①情報管理の安全性

機密情報をどのように扱うか、情報管理の安全性と信頼性をチェックしましょう。

②専門性と対応力

給与計算に対して必要な専門知識を持っているか、依頼する業務に対応してもらえるかをチェックしましょう。

③スピードと柔軟性

細かい要望にも対応してもらえるか、また何かあった際は迅速な対応してもらえるのかサポート体制をチェックしましょう。

 

給料計算アウトソーシングを導入する際は、コスト面だけではなく、期待するメリットが得られるかが重要なポイントになります。

まとめ

いかがでしたか?
今回は給与計算アウトソーシングの3つのメリット・デメリットについてご紹介させていただきました。

給料計算アウトソーシングの導入を検討しており、得られるメリットの方が大きいようでしたら導入を検討してみてはいかがでしょう。

 

 

アウトソーシングのご相談はこちら