メルマガ・DM

ダイレクトメールの効果を出す7つのポイント

「ダイレクトメールを送っているけど効果がない」

「ダイレクトメールの効果をもっとあげたい」

ダイレクトメールは、ターゲットを個人に絞れることが出来き、今でも多くの企業が利用している効果的なマーケティング手法になります。
ダイレクトメールをうまく活用すれば、集客や売り上げの向上に期待出来ます。

今回は、ダイレクトメールの効果を出す7つのポイントをご紹介致します。

ダイレクトメールの特徴


郵便や電子メールを個人、または法人宛てで送付するマーケティング手法の一つです。
ターゲットとタイミングを絞って、多くの情報を伝える事が出来るのが特徴です。

紙によるDMには、テレビやインターネットを見ない層だけでなく、デジタルの時代にはない「アナログの良さ」で幅広い層に印象を与える事が出来ます。

効果的なダイレクトメールの7つのポイント


前項ではDMの特徴についてご紹介させて頂きました。本項ではDMに必要な7つのポイントをご紹介致します。

1.キャッチコピーと挨拶文

DMは開封してもらえなければ意味がありません。
ユーザーの目を引き、読みたいと思わせるキャッチコピーや挨拶文で開封を促す事が必要です。

2.商品・サービス紹介

商品・サービスを売り込むだけでなく、商品を使うとどのようなメリットが得られるのか伝える事が大切です。
ストーリー仕立てで伝えるのも効果的です。

3.ユーザーの声

商品・サービスを購入したユーザーの声を表示する事により、安心感を持ってもらう事が出来ます。
ポジティブな声だけでは逆に不信感を持たれてしまうので注意が必要です。

4.オファー(得点)

開封率や購買意欲を高めるために、割引券、クーポンや優遇招待券などを送付すると効果的です。
また割引券などを中に入れることで開封率を上げる事が可能になります。

5.お問い合わせ先

申込書や資料請求封筒を分かりやすく記載する事により、ユーザーの行動を促進する事が出来ます。

6.デザインとレイアウト

ユーザーの目を引くデザインと、情報を見やすく配置する必要があります。
まずは無料のテンプレートを活用するのが良いでしょう。

7.発送時期

DMは平日の時間がない時に届いても、ユーザーの心は動きません。DMの多くは週末に届くように発送しています。

まとめ


今回は、ダイレクトメールの効果を出す7つのポイントについてご紹介させて頂きました。
ダイレクトメールは基本を押さえ活用していけば、効果的なマーケティングをしていく事が可能になります。