ホームページ運用

ホームページとウェブサイトの違いとは?


「ホームページとウェブサイトの違いが知りたい」

ホームページとウェブサイトという言葉は、日常会話でも使いますよね。

しかし、「ホームページとウェブサイトの違いとは?」と聞かれてもわからない方のほうが多いのではないでしょうか?ホームページとウェブサイトでは、それぞれ意味が違うんです。どう使うのが正しいのでしょうか。

今回は、ホームページとウェブサイトの違いをご説明します。

ホームページとは

日常会話でホームページというと、インターネットのウェブサイト全体の事をいう場合が多いですが、ホームページの本当の意味は違います。

本来のホームぺージは、ウェブサイトの中で最初にアクセスするページの事を言います。


ホームページ(home page)の「home」には「拠点」という意味もありますので、ホームページは、ウェブサイトの「拠点となるページ」を指しています。

たとえば、ある企業をインターネットで検索し、表示されたウェブサイトをクリックして最初に開かれたページをホームページと呼ぶのが正しい使い方でしょう。

 

ホームページとトップページの違い

日本ではウェブサイトで一番最初に表示されるページをトップページと呼ばれる事が多いですが、英語圏のウェブサイトではトップページではなく、ホームページと呼ばれ方をしています。日本では、一番最初のページを表すのに「ホーム」より「トップ]の方がしっくりきたのでしょう。

ウェブサイトとは

ウェブを英語で「web」。蜘蛛の巣という意味です。ウェブとは、情報と情報が世界に広がって作られる蜘蛛の巣のイメージから名称がつけられました。
※WebとはWWW(World Wide Web)の略称です。

ウェブサイトを英語で「web site」。siteは敷地という意味を持っています。

ウェブサイトとは、ウェブページの集まりの事を言います。

 

たとえば、ある企業をインターネットで検索し、表示されたウェブサイトをクリックして最初に開かれたページから、会社概要などさまざまなページが見れると思います。その企業のさまざまなページの集まりの全体をウェブサイトと呼びます。

 

ウェブページとは

ウェブページとは、ウェブサイトの中の1ページをウェブページといいます。略して「ページ」や「サイト」と呼ぶ場合もあります。

またウェブサイトとウェブページは、WebサイトWebページのように英語とカタカナを混ぜて書かれる場合もあります。

ホームページとウェブサイトの違いとは

ホームページとウェブサイトの違いをみていきましょう。

ホームページとウェブサイトの違い

ホームページとウェブサイトはそれぞれ意味が違います。

 

ホームページ:ウェブサイトの中で最初にアクセスするページウェブサイト:ウェブページの集まり

 

現在の日本でホームページという場合は、下記の3つの意味で使われます。

  1. ウェブサイト全体
  2. ブラウザを開いて最初に表示されるページ
  3. ウェブサイトのトップページ

 

ホームページの本来の意味はウェブサイトの中で最初にアクセスするページの事を言います。
なので、「ウェブサイト全体」「ブラウザを開いて最初に表示されるページ」をホームページと呼ぶのは間違いなのです。

しかし、日常会話で一般の方が「ホームページ」という場合は、上記3つの意味のうちのどれかで使っているので、上記3つの「ホームページ」を使っていると思って問題ありません。もし、ウェブに詳しい方と話をする際には「ホームページ」の使い方には気をつけましょう。

「ホームページ」は、使う相手や状況に合わせて使い分けるのが良いでしょう。

まとめ

今回は、ホームページとウェブページの違いについてご紹介しました。

日常会話ではホームページとウェブページは同じ意味でつかわれる事が多いですが、正しくは意味が違います。

ホームページという場合は、使う相手や状況に合わせて使い分けるのが良いでしょう。