ロジックスサービス

社長ブログ

会社

20期ガイダンス感想1

ガイダンスは今回で7回目の参加になります。
挨拶練習の際に笑顔の練習をしますが、毎回「素戻っているな」と気づかされます。
同じ姿勢、同じ声量で挨拶をしていても、笑顔になるだけで声色や相手に与える印象が違うものになると思うので、作業前挨拶の時にはマスクをしていますが、笑顔の練習もかねて挨拶を行います。
毎回変わる事業所内のエピソードは、また新たな内容になっていました。過去の失敗談を笑って話せる、笑って聞けるというのは素敵なことだなと思いました。
ガイダンスの内容ではありませんが、野崎さんの話し方がとても聞きやすかったです。文章の区切りで間がある為、内容が伝わりやすく感じました。以前、自分のボイスメールの話し方について、菊池社長から「区切りがない」とご指摘を頂き、今回の野崎さんの話し方を聞いてまだまだ自分の話し方は「伝える」だけだなと思いました。「伝える」と「伝わる」は別物と、心得の本だったり菊池社長がおっしゃっていたりするので、「伝わる」話し方になる様に練習をします。
野崎さん、今日はいろいろと勉強になりました。ありがとうございました。
青森支店 成田

 

ガイダンスの目的は、新人さんは会社の歴史を知る機会として、ベテランは初心にかえることが出来るとおっしゃっていました。毎年やるたびに思う事、それは、色々な困難があって今があるという事です。ロジックスサービスは今年で20年の企業ですが、決して順風満帆ではなかった。ましてや、今のように環境整備の取り組みが全く定着していなかった時代に仕事がしっかりあったというのは、すごい事なんだと気づくことが出来ました。
震災の年に3か月間社長が給料を支給していた(仕事がないのに)ことも聞けて、本当にすごいなと考えさせられました。その時給料がなかったら、社員の皆さんも本当に大変だったと思います。また社長も仕事がない中、給料を支給するという選択をしたことが本当にすごいなと感じました。自分は高卒で違う会社に入社していましたが、あまり影響がなかったので良かったですが、もし給料が0だったらとてもつらかったと思います。
野崎さんの話にあった上司の一言「1週間あったら慣れるから」と言って缶コーヒーを買ってあげた上司のように私はなりたいと感じました。その一言で救われた野崎さんのように一言かけてその人を救えるように周りを見ながら社員を支えられるようになりたいです。
また、今まで基礎を築いてきた先輩社員の皆さんに感謝し、一緒に働いてくれる同僚に感謝し、これからも当たり前と思わず接していきます。また、つらい事や努力しても結果が出ない、クレームを出してしまったなどあると思うのですが、その上でチームが結束できるようなLSを作っていきたいです!!
青森支店 成田

 

今回、私は入社して2度目のガイダンスでした。お話の中で、2011年3月にあった震災の際に、滝沢の社員の皆さんが3ヶ月仕事がない中給与は支給してくださっていたとのエピソードがありました。今現在も、コロナウイルスで解雇になったり、時間を大幅に減らされて働いている方も多い中、以前と同じ時間・時給で働かせて頂いているこの状況がどれほど有難いことか改めて実感することができました。
また、環境整備を定着させるために始めたスタンプカード、大きな労災があったために設けられた経営計画書のページ(安全衛生、KYT)など、私が今働いている環境やルールはこれまで会社や先輩社員の皆さんが経験されてきた色々なことがあっての今なのだと、仕事があるのは当たり前ではなくお客様や先輩方のおかげなのだと思いました。
人員が足りず、お客様やライバル会社に頭を下げ、悔しい思いをした、またその気持ちをバネに力に変え働いてきた先輩方。そして何よりその先頭に立って汗をかいて下さっている菊池社長のおかげで今私がいる青森支店はあるのだと、野崎さんがおっしゃっていたように初心に返ることができたガイダンスでした。本日はガイダンスに参加させて頂きありがとうございました。
青森支店 加賀谷

 

本日は、本社から野崎さんに来ていただき、1年ぶりのガイダンスに参加させて頂きました。
ロジックスサービスの創業から、創業直後の状況、事業所の開設と、会社の歴史を今年も学ぶことができました。最初は環境整備が全く定着していなくて、ただほうきを持ってぷらぷらしていただけ、本当にやりたい放題だったと野崎さんがおっしゃっていて、今のローラーまでピカピカな滝沢事業所からは考えられないなと思いました。そこには、これまでの社員さんや、太野さん、そして社長の“継続”の努力がたくさんあったからこそ、今の滝沢事業所、そしてロジックスサービスがあるんだなと感じました。また、富谷事業所開設後のお話しもお聞きし、トラブル続きで人を採用してもすぐに辞めてしまう、というお話をきいて、今こうして新卒採用で沢山の学生さん達がインターンや説明会に来てくれて、採用が出来ているのは、欠片も「当たり前」なことではなく、本当にありがたい事なのだなと改めて実感しました。
そして、菊池社長が机一つ、PC一つ、電話一つから始め、つないできたこのご縁をより一層大切に思いました。本日は、ガイダンスに参加させて頂きありがとうございました。
青森支店 葛西

 

入社し、初めてのガイダンスへの参加をさせて頂きました。
最初に挨拶の練習をしました。毎日、分離礼はしていますが、改めて練習をした事でポイントなどを再確認することができました。新人もベテランも挨拶は同じくできるものなので、今後も挨拶をしっかりと行っていきます。
ロジックスサービスの歴史については、初めて聞く内容もあり、会社について一層理解を深める事ができました。内定者時代に聞いたお話しなどもあり、内定者の時から貴重なお話を聞けていたのだと思いました。「歴史」を聞いたことで、今、自分が仕事ができていることが当たり前ではないことを再度認識できました。
お客様、先輩社員の皆様に感謝し仕事をしていきます。過去が今を決定し、今がこの先の未来を決めていくことを自覚して業務にあたります。
ガイダンスありがとうございました。
青森支店 河田

 

「ありがとうございます。感謝します。」
//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述